看護師転職基礎知識

看護師が転職で考えるべき、3つの事

仕事にもある程度慣れ、余裕ができてくると、いまの職場変えたいなと思うこともありますよね。

そこで、いま転職を考えている人にむけて、考えるべきことをご紹介します。自分の考えと向き合うことが苦手だという人も、行動してから後悔しないためにも取り組んでほしいと思います。

 

 

一度、考え直す「本当に辞めていいの?」

女性が多い職場、命に関わる仕事であるため、いろいろな問題・悩みが多いのが看護職です。「看護師になりたい!」と憧れたあの頃から成長し、経験値も増えました。つらいことも嫌なこともたくさん味わったと思います。だから違うところに行きたいと思うことも、ある意味当然です。ですが、それは違う職場に移れば解消されることでしょうか?職場のわずらわしく感じる人間関係や苦手な患者さんなど、どこに行っても多少はあると思います。仕事であれば、誰にでもついてまわる嫌なことでしょう。嫌なことばかり考えてしまいがちですが、良い面も見つめなおし、改めて辞めるべき病院なのか否か、検討してみてください。自分で答えが出ない場合、信頼できる周囲の人間に相談してみるのも手です。転職した友達がいれば、良かった点だけでなく悪かった点も聞いてみる。先輩に自分と同じ悩みで転職を考えたか聞いてみて、転職しなかった理由や取り組んだことを教えてもらう。上司に部署を異動できないか掛け合ってみる。などなど、転職せずに状況を改善することはいくらでもあるはず。

転職は決断すれば、あとは行動に移すだけです。その前に、本当に辞めても後悔しないか、自分と向き合ってみてください。

 

決心したら、希望の条件を洗い出す

「いろいろ考えたけど、もう転職するしかない!」という結果に行き着いたあなた。よく決心されたと思います。転職活動は面倒なことも多く大変かもしれませんが、あなたの将来のためです。前向きに頑張りましょう!さて、ネットで病院を検索したらり、求人サイトをチェックするまえに大事な作業があります。それは、希望の条件を洗い出すことです。あなたが退職を決めた際に、ここが嫌だったと思ったという点をリストアップし、それらをどうしたいのか明確にしましょう。嫌なことをクリアにすることは避けたいでしょうが、この作業をとばしてしまうと、病院探しの際に「あれ、自分の希望はなんだったけ?」と悩む可能性があります。求人サイトで情報収集する際、たくさんの病院が魅力的に思え、優先で考るべき条件がぼやけてしまうからです。

・人間関係がギスギスしている

・給与が低いと感じる

・認定の資格をもっと活かしたい

・夜勤を減らしたい

・夜勤を増やしてもっと稼ぎたい

このような形で上げていき、優先順位をつけましょう。より具体的に書けば、絞り込みやすくなると思います。

たとえば第一優先が「人間関係がギスギス」しているであれば、人間関係が良いところを探すことになりますね。アットホームな雰囲気で話しやすい、上下関係がしっかりしている、などあなたの思う理想の人間関係を思い浮かべ、それに近い職場を探します。求人サイトでいくつか候補を探し、病院の看護部サイトをチェック。最近では動画をアップしているところもあるので、看護師さんの雰囲気を見てみましょう。いくつか最終候補が出そろったら、病院見学に行って、直接自分の目で見てみてください。見学だけでは実際のところは分からないよ、と思うかもしれませんが、行かないで決めてしまうよりはるかに良いです。忙しそうなタイミングを見れたら、それが皆さんの日常に近いと思うので、かなりの判断材料になりますね。

 

退職時期を考える

1年のうちでも、向いている時期とそうでない時期があります。自分にとって好条件で辞めたいのはもちろんですが、病院側にも「アイツは最悪!」なんて思われたくないですよね。自分さえよければ良いのか、という辞め方はお勧めしたくありません。お世話になった病院に迷惑をかけないタイミングで退職するようにしましょう。

 

・ボーナスをいただいてから

一般的には夏と冬の年2回。夏は6・7月、冬は12月に支給される病院が多いようですね。なので、ボーナス支給日を確認し、その日まで在籍しておくようにしましょう。

 

・退職者が少ない時期・バタバタしてない時期

時期によって退職者や休職者が相次ぐことがあります。そのタイミングに「じゃあ、私も」となると、引き止められたり、「いまの状況わからないの?」と印象が悪くなってしまうことがあります。また、新人が一斉に入ってくる4月、新人教育で慌ただしい5月あたりもできれば避けたいところです。また、移転・増床する病院であれば、決行前後の時期も避けておきたいですね。

 

・求人が多い時期

看護師の求人は年間を通してありますが、求職者にとって良い時期とそうでない時期があります。やはり、少ない時期よりも多い時期の方が選択肢が広がるので、自分に合った転職先が見つかりやすいでしょう。新年度に向けた2~3月、ボーナス支給後の6~7月と12~1月は中途の求人が多い時期といえます。

 



男性看護師。悩みや転職について語る

ここ数年、だいぶ増えてきた男性看護師。

しかし、まだまだ女性が多いのが現状です。

今回、知り合いの男性看護師のOさんに男性ならではの悩みや仕事のやりがい、転職について聞いてみました!

 

Q:現在の大学病院に入職して5年目のOさん。入職当初は男性だからこその戸惑いってなかったですか?

O:いや、看護学生時代から女子が大多数だったので、あまり感じてなかったです。受け入れる側も「特に」って感じですよ。それよりもついていけるかっていう心配のほうが大きかった。僕は救急センター所属なんですけど、迷惑かけないか、失敗しないかって不安ばっかり感じてましたね。

 

Q:メンタルは大丈夫でした?

O:まあ、同期とか学生時代の友達と励ましあったりしてストレスは解消してましたから。あと、「男性看護師会」というものがあって、院内の男性看護師が30名くらい集まって勉強会したり飲み会に行って交流を深めてるんで。いま仲良くしてもらってる先輩とも、この会での出会いがきっかけでした。

 

Q:じゃあ、いまは結構充実してますか?

O:そうですね。センターから一般病棟に移った患者さんが車いすで移動しているところを見かけたりすると嬉しいかな。あと5年目ともなると、仕事も結構任せてもらって。後輩にもうまく指導できたりすると、自分でも成長できてるんだなと実感しますね。

 

Q:転職は考えたりしない?

O:いや、正直考えます。転職した友達が、良い職場と出会えたみたいなんで羨ましいなと。僕のいまの職場はやりがいも感じてるんですが、人間関係でつらいなと思うこともあって…。あと大学病院で救急なので、体の負担も相当ですね。将来を考えて、いま悩んでいるところです。

 

Q:転職するとしたら、条件は?

O:やはり結婚して子供もほしいので、給与はアップさせたいです。そのためには、情報取集をしっかりして、いまの病院よりも高いところを見つけたいです。あとは人間関係ですね。「男性なんだから〇〇してよ!」みたいなところは嫌ですね。頼むにしてもそこに感謝の気持ちがほしい。やって当然って思わないでほしい。…このまま愚痴に突入しちゃいそうなのでやめておきますが(笑)、ギスギスしていない職場で長く続けたいなとは思っています。転々とするのも疲れるだろうし。

 

Oさん、ありがとうございました。

まだまだ女性中心で、男性が働きづらいと感じることも多いようです。

だからこそ、転職を成功させるためには、事前の情報収集が必要になってきます。

転職してから「ここも嫌だ。また転職しよう…」とならないように、自分に合った職場探しをしたいですね。

看護師が転職するときの注意点

日本看護協会の「2016 年 病院看護実態調査」によると、看護職員の離職率は常勤10.9%ということでした。2010 年度に 11.0%を記録して以降、ほぼ横ばいの状況。毎年、約1割の方が職場を離れています。

理由は「妊娠、出産、結婚、子育て」といったことの他に、「勤務時間の長さ、夜勤がハード、給与の低さ、人間関係の不満」などの問題があるようです。

現在、転職を考えている方の中にも、後者が原因だというケースは多いのではないでしょうか?

看護職者の退職理由

出産・育児・子供のため 18.1%
看護他分野への興味 12.2%
結婚 10.4%
賃金への不満 8.9%
看護内容への不満 8.4%
休みがとれない 7.7%
自分の適性・能力への不安 7.5%
転居 7.4%
家事と両立しない/労働時間への不満 7.1%
10 残業が多い 6.0%

参考:中央ナースセンター「平成26年度ナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人に関する分析報告書」

転職すること自体は良いと思います。しかし転職グセがつき、「もっと条件の良いところを。もっともっと…」と病院を転々とするのはおすすめ出来ません。

採用する側が嫌うのです。履歴書にいくつもの病院が書いてあったら、きっとこの人はスグにうちの病院も辞めるだろうな、と印象が悪くなってしまうからです。私が編集者だったとき、病院の人事担当者からこうした話をよく聞きました。せっかくなので、ここで採用担当者に嫌われやすいことに触れておきます。

採用者に嫌われやすいポイント

転職回数が多い

短期間でいくつも転職していると、「我慢ができないのかな」、「人間関係で問題を起こしやすいのかな」、などと思われてしまいます。たとえば30代の場合、3回以上転職していると、理由を気にする採用担当者が多いようです。

ちなみに私は、人事の経験もあります。当時職場では、20代~30代前半で転職回数が4社以上ある方は書類選考で落としていました。理由はやはり、うちに入社してもすぐ辞めるかもしれないから。転職理由・志望動機を読んで、熱意のある方は面接に来てもらっていましたが、それはごく一部。文面から入社したいという思いを感じるケースは少なかったです。

転職の理由がネガティブ

面接の場で「退職理由」を聞かれた際、前職での不満を退職理由として述べてはいけません。たとえ前職への不満が転職理由であったとしても、それを伝えることはNG。「この人は当院で働いても、同じように感じるんだろうな、お世話になったことへの気持ちを持てないんだろうな」と思われてしまいます。

私も面接官をしたとき、前職の不満や批判を聞かされたことがあります。「上司がワンマンで仕事がやりにくかった」「いきなり仕事をふってきて、残業が多くて疲れた」などなど。本人はストレス発散とばかりに、上司や先輩の悪口をさんざん言いまくります。私も「それは大変でしたね」と相槌を打っていたので、よけいにヒートアップしたのかもしれませんが。そうゆう方は、うちに来てもたぶん同じだろうなって思いますよ、やっぱり。その職場にも問題はあったのかもしれないけれど、面接の場で言うべきではありませんよね。

 

ということで、転職する際には「よし、ココだ!」と思えるところを探し出し、辞めグセをつけないようにしましょうね!