看護師向け転職サイト、選ぶための比較基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めて転職活動をするとなると、いろいろ不安ですよね。忙しくて調べる時間もないし、調べ方も分からないし…という方に向けて「転職サイト」について説明します。

いまや転職活動のツールとして欠かせない「転職サイト」とは一体どんなものなのか、どのように活用すれば良いのかをまとめました。

 

そもそも転職サイトって?

インターネット上で、転職活動・求人情報に関連するノウハウを提供するサイトのことです。

無料で手軽に情報を得ることができるため、たくさんの方に活用されています。あなたも一度は「看護師 転職」などのキーワードで検索をしたことがありますよね。転職サイトがたくさん表示され、どのサイトに登録すればよいのかと悩んだのではないでしょうか。

 

 

転職サイト選びのポイント

そうした方に向けて、転職サイトの選び方についてお話しします。

適当に登録してしまうと後々後悔しますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

運営会社がしっかりしている

サイト内を検索すれば、運営会社を調べることができますのでチェックしましょう。

そして、あなたが信頼できる会社か否か考えてみてください。たとえば、「上場企業で知名度が高い」「業界歴が長く、運営基盤がしっかりしている」「職業紹介優良事業者として認定されている」などなど、判断基準はいろいろあります。しっかりしている会社のサイトには、良い求人情報が集まっているものです。

私が人事担当者だったときも、掲載先は慎重に選びました。だって、求人はお金も時間もかかるんです。労力をつぎ込み、一緒に働く人を探すのだから、掲載先のサイトは妥協したくありませんでした。

実際、きちんとした求人サイトからの応募者は、採用する確率も高かったです。個人的な印象ではありますが、そのサイトからの応募者はドタキャンも遅刻もない、しっかりした受け答えの人が多かった気がします。このように、どこから申し込んできたか、という点も採用担当者に影響を与える場合があります。

皆さんも、「なんとなく名前を知ってるし、とりあえず登録しとくか」などと思わずに一度、事前に会社情報を確認してみてください。

 

担当者が信頼できる

やっぱり転職って、「人」と「人」とのマッチングですからね。一方的に紹介してきたり、押し付けてくるような転職サイトは避けたいところです。

逆に、転職の不安や履歴書の書き方について、相談に乗ってくれる窓口があると、とても安心できますね。なので、専任のキャリアアドバイザーがいて、しっかりサポートしてくれそうなところを探しましょう。こうしたサービスを設けている会社は、サイトにきちんと書いてありますので、チェックしておきましょう。

 

ちなみに人事担当の頃の話の続きですが、私も当初、メジャーな会社というだけで依頼して失敗しました。なんというか、担当が杓子定規で親身になってくれている気がしなかったんですね。

「これはルールなので駄目です」とか、「応募が来なければ、オプションつけてみますか」とか。もう少し、情熱持ってくれていいんじゃないの、って感じましたよ。

最終的に依頼したところは、とてもサポートが丁寧で好感がもてたので、ずっと使っていました。不明点があってもスグ電話で丁寧に対応してくれたので、安心感があったんです。きっと社員教育がしっかりしてるんだろうなと思いましたね。

ここで、信頼できる人を見極めるためにチェックポイントご紹介しておきます。正直、数回の面会や電話でその人が信頼できるかどうかなんてわかりません。しかしポイントを押さえておくと、精度の高い判断ができるようになってきます。

信頼できない人の特徴

  • 他社の批判をする。
  • メリットばかり言い、デメリットに触れない。
  • 初対面なのに馴れ馴れしい。
  • 話に一貫性がない。
  • 心がこもっておらず、マニュアルをただ話している印象。
  • 結論を急ぐ。こちらの気持ちなど気にしない。

たとえば、洋服店で買い物をしたときに、店員さんからこんな接客を受けた経験はありませんか?こっちはその服に魅力を感じていないのに、やたらと勧めてくる。試着したときに、サイズが合ってなくても「ピッタリですよ~」「着続けていればフィットしてきますよー」なんて言って、半ば強引に買わせようとする。こうなると、もうこの店で買い物を続けたくなくなりますよね。もしかしたら、ほかに合う服があるかもしれないけど、この店員さんからは買いたくない…という気持ちになってしまいます。

信頼できる人の特長

  • その分野・業界に詳しい。
  • こちらの要望をしっかり聞いてくれる。
  • こちらを理解したうえでアドバイスしてくれる。
  • メリットだけでなく、デメリットもきちんと伝えてくれる。
  • 礼節をわきまえている。
  • 結論を急かさない。

提供する側は〈プロ〉であることが求められます。ある商品を誰かに紹介するとなったとき、その商品の魅力は何か、きちんと勉強していること。プラスだけでなくマイナスも理解しておく必要があります。そうした努力を怠り、サービスを提供しようとしたって、だれも欲しいと思いませんよね。きちんとその商品の特徴を理解すれば、どんな人に似合うかが見えてくるのです。

また、こちらが何を希望しているか、きちんとヒアリングしてくれるかどうかも重要です。たとえば洋服店で「スカートを探している」って店員に伝えたときに、

店員A「ちょうど昨日、新作が入ったんですよ!これどうですか?」

店員B「どんなデザインをお探しですか?」

と言われたら、どちらの店員さんから買いたいでしょうか。きっとBさんですよね。この方は、この後も「普段使いか」「何色を購入することが多いか」「丈は長めが良いか」等々、いろいろ聞いてくれると思います。そして、お店の中から一番条件に合ったものを勧めてくれるでしょう。これで自分に合った1着に出会えたら、とっても嬉しいですよね。ウキウキして購入し、大事にしますよね。同時に、またあの人から買いたいなって思うはずです。

転職も同じです。知識が豊富で、こちら側の希望を聞き取り、条件に合ったところを親身になって探してくれる。そんなアドバイザーなら、あなたの転職を成功に導くことでしょう。とくに人生にかかわることですから、協力者はしっかり見極めましょう!

 

求人情報が豊富

信頼されているサイトには、求人も集まってくるものです。登録数は調べることができるので、チェックしてみてください。

もちろん件数が豊富なほど、良い病院に出会う可能性も高まります。また、最終更新日もチェックして、何件ほど新着があるかも見ておくといいでしょう。

 

求人以外のお役立ち情報も豊富

「面接」「給与」「ステップアップ」などの役立つ情報が載っているサイトはお勧めできます。それだけ、看護職の就職・転職に詳しい人材が働いているということですからね。

 

サイトが見やすく使いやすい

これも意外と大事ですよね。検索性が高い、情報が整理されていて目的にたどり着きやすい。こうした点も利用者を考えているかのチェックポイントになります。

あとは好みの問題ですが、かわいらしい・色使いが優しい・シンプルなど自分に合ったサイトだと、なお良しですね。入職先が決まるまでお付き合いするサイトですから、相性も大切だと思います。

 

転職サイトの登録について

同じ求人でも、利用する転職サイトによって条件が違うこともありますので、複数の求人サイトに登録しておき、比較検討すると良いでしょう(もちろん先ほどもお話ししたように、きちんと選定しましょう)。

複数というのは、サイトによって求人情報が違うので、優良求人を見逃さないためでもあります。しかし、たくさん登録してしまうと、あちこちから情報がひっきりなしに来てしまいウンザリしてしまいます。かといって1件では比べる対象がないので、厳選して3~5件くらいが妥当だといえます。

慎重に事を進めたい方は、1社からスタートしてみても良いでしょう。なんとなく「こんな感じなんだな」と感覚をつかめてきたら、2社、3社と登録していくのも有りだと思います。

 

避けたい転職サイトの特徴

  • 頻繁に紹介される。しかも、あまり条件に合っていない。
  • 紹介数が少ない
  • 希望していた内容と違う
  • 紹介しておきながら、担当者が詳しくない
  • 乗り気でないのに、マッチングさせようとしている

これらは、評判の良くない転職サイトに登録してしまった場合に生じてしまうケースです。そんな転職サイトにあたってしまったら、別の転職サイトに切り替えたほうが良いですよ。

 

転職は、人生を変える大きなイベントです。入職してから「前の職場のほうが良かった…」などと後悔しないよう、しっかり情報収集しましょう。

 



ファイト!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*