看護師の仕事って?なるためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いま看護職としてお勤めの方は「知ってるよ」とお思いでしょうが、これから看護職を目指す方に向けて、基本的なことをお伝えしたいと思います。

看護職の種類

看護師、保健師、助産師、准看護師の4種類あります。看護師、保健師、助産師は国家試験に合格し、厚生労働省大臣から免許を得る国家資格。准看護師は都道府県が行う地方試験に合格して、知事から免許を得ます。なお、看護師は医師の指示なしに医療行為ができますが、准看護師は医師・看護師の指示なしでは医療行為を行えません。

  • 看護師
  • 保健師
  • 助産師
  • 准看護師

看護師の仕事

さて、この4種類の中で一番就業者数の多い看護師。業務内容は、「保健師助産師看護師法」(保助看法)という法律に定められていて、「療養上の世話」と「診療の補助」とがあります。療養上の世話とは環境整備や食事・清拭・排泄の介助、生活指導など、看護師の看護師の判断で行う業務です。診療の補助は、医師の指示に基づいて看護師が行う医療行為のこと。血圧・体温・脈拍の測定や採血、薬剤の投与、創部の清潔管理、医療機器の操作などが該当します。

  • 療養上の世話
  • 診療の補助

看護師になるためには

一般的に高等学校を卒業後、法律で定められた養成施設(4年制の看護大学か、3年制の看護専門学校・短期大学)で、最低3年以上勉強をし、国家試験に合格する必要があります。免許は一度取得すると更新の必要はなく、一生ものの資格です。とはいえ、医療現場は日々進化しているので、看護師になってからも勉強をし続けなければなりません。「大変だな」と思うでしょうが、患者さんの命にかかわることなので、努力を怠るわけにはいかないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*