看護師の退職の流れとマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

辞めるとなった場合、お世話になった職場に迷惑をかけず円満に退職したいものですよね。

ここでは、意思を伝えることから退職するまでの流れを紹介します。

 

 

退職の意思を上司に伝える

民法では、「2週間以上前に退職を申し出ればよい」と定められています。しかし、病院側とすれば人員配置や引き継ぎ、シフト調整などの関係で、2週間では足りないのが本当のところ。就業規則で「退職日の〇ヶ月以上前に退職の意思を伝えること」などと定められているところがほとんどなので、しっかり確認しておきましょう。言いにくいからと後延ばしにしてしまうと、上司にも同僚にも迷惑がかかりますので、気持ちを引き締めてしっかり伝えるようにしましょう。

 

退職するを決め、退職届を提出する

退職希望日が決まったら退職届を作成します。病院によっては指定の書式がある場合や、出さなくていい場合もあるので、作成前に確認しておきましょう。

 

業務を引き継ぐ

自分の業務を後任へ引き継ぎます。その際、口頭だけでなくマニュアルを作成して説明するようにしましょう。職場にテンプレートがあればそれを使い、ない場合にはインターネットで調べれば出てきますので、参考にするといいでしょう。いずれにしても、長文でダラダラと書き連ねていくのではなく、箇条書きなどわかりやすく作るのがコツです。誰に対してのものなのか、その相手はどのレベルなのかといったことを考慮しつつまとめていきます。ポイントや一言メモなども補足してあげると喜ばれるでしょう。退職日直前にまとめてやろうと考えていると間に合わない可能性もあるので、余裕をもって済ませるようにしましょう。

 

各種手続き

職場に返却しなければいけないものや、受け取る書類などの手続きも忘れてはいけません。必ず確認して、漏れ抜けのないようにしましょう。受け取った書類は重要なものなので、紛失しないようファイリングするなどして管理しておきましょう。

 

また、退職後の手続きとしては、健康保険・年金・失業給付の受給申請などがありますので、これらも漏れのないようにしてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*