看護師が転職で考えるべき、3つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事にもある程度慣れ、余裕ができてくると、いまの職場変えたいなと思うこともありますよね。

そこで、いま転職を考えている人にむけて、考えるべきことをご紹介します。自分の考えと向き合うことが苦手だという人も、行動してから後悔しないためにも取り組んでほしいと思います。

 

 

一度、考え直す「本当に辞めていいの?」

女性が多い職場、命に関わる仕事であるため、いろいろな問題・悩みが多いのが看護職です。「看護師になりたい!」と憧れたあの頃から成長し、経験値も増えました。つらいことも嫌なこともたくさん味わったと思います。だから違うところに行きたいと思うことも、ある意味当然です。ですが、それは違う職場に移れば解消されることでしょうか?職場のわずらわしく感じる人間関係や苦手な患者さんなど、どこに行っても多少はあると思います。仕事であれば、誰にでもついてまわる嫌なことでしょう。嫌なことばかり考えてしまいがちですが、良い面も見つめなおし、改めて辞めるべき病院なのか否か、検討してみてください。自分で答えが出ない場合、信頼できる周囲の人間に相談してみるのも手です。転職した友達がいれば、良かった点だけでなく悪かった点も聞いてみる。先輩に自分と同じ悩みで転職を考えたか聞いてみて、転職しなかった理由や取り組んだことを教えてもらう。上司に部署を異動できないか掛け合ってみる。などなど、転職せずに状況を改善することはいくらでもあるはず。

転職は決断すれば、あとは行動に移すだけです。その前に、本当に辞めても後悔しないか、自分と向き合ってみてください。

 

決心したら、希望の条件を洗い出す

「いろいろ考えたけど、もう転職するしかない!」という結果に行き着いたあなた。よく決心されたと思います。転職活動は面倒なことも多く大変かもしれませんが、あなたの将来のためです。前向きに頑張りましょう!さて、ネットで病院を検索したらり、求人サイトをチェックするまえに大事な作業があります。それは、希望の条件を洗い出すことです。あなたが退職を決めた際に、ここが嫌だったと思ったという点をリストアップし、それらをどうしたいのか明確にしましょう。嫌なことをクリアにすることは避けたいでしょうが、この作業をとばしてしまうと、病院探しの際に「あれ、自分の希望はなんだったけ?」と悩む可能性があります。求人サイトで情報収集する際、たくさんの病院が魅力的に思え、優先で考るべき条件がぼやけてしまうからです。

・人間関係がギスギスしている

・給与が低いと感じる

・認定の資格をもっと活かしたい

・夜勤を減らしたい

・夜勤を増やしてもっと稼ぎたい

このような形で上げていき、優先順位をつけましょう。より具体的に書けば、絞り込みやすくなると思います。

たとえば第一優先が「人間関係がギスギス」しているであれば、人間関係が良いところを探すことになりますね。アットホームな雰囲気で話しやすい、上下関係がしっかりしている、などあなたの思う理想の人間関係を思い浮かべ、それに近い職場を探します。求人サイトでいくつか候補を探し、病院の看護部サイトをチェック。最近では動画をアップしているところもあるので、看護師さんの雰囲気を見てみましょう。いくつか最終候補が出そろったら、病院見学に行って、直接自分の目で見てみてください。見学だけでは実際のところは分からないよ、と思うかもしれませんが、行かないで決めてしまうよりはるかに良いです。忙しそうなタイミングを見れたら、それが皆さんの日常に近いと思うので、かなりの判断材料になりますね。

 

退職時期を考える

1年のうちでも、向いている時期とそうでない時期があります。自分にとって好条件で辞めたいのはもちろんですが、病院側にも「アイツは最悪!」なんて思われたくないですよね。自分さえよければ良いのか、という辞め方はお勧めしたくありません。お世話になった病院に迷惑をかけないタイミングで退職するようにしましょう。

 

・ボーナスをいただいてから

一般的には夏と冬の年2回。夏は6・7月、冬は12月に支給される病院が多いようですね。なので、ボーナス支給日を確認し、その日まで在籍しておくようにしましょう。

 

・退職者が少ない時期・バタバタしてない時期

時期によって退職者や休職者が相次ぐことがあります。そのタイミングに「じゃあ、私も」となると、引き止められたり、「いまの状況わからないの?」と印象が悪くなってしまうことがあります。また、新人が一斉に入ってくる4月、新人教育で慌ただしい5月あたりもできれば避けたいところです。また、移転・増床する病院であれば、決行前後の時期も避けておきたいですね。

 

・求人が多い時期

看護師の求人は年間を通してありますが、求職者にとって良い時期とそうでない時期があります。やはり、少ない時期よりも多い時期の方が選択肢が広がるので、自分に合った転職先が見つかりやすいでしょう。新年度に向けた2~3月、ボーナス支給後の6~7月と12~1月は中途の求人が多い時期といえます。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*